相続登記

相続登記とは、故人が所有していた土地や建物を「相続人」へ名義変更する手続きです。

「いつまでに」という期限はありませんが、相続登記を放置してしまうと、のちのち登記する際、手続きが煩雑になることが多く、できる限り早くすませたほうが良いでしょう。

料金について

 
被相続人の出生~死亡までの戸籍収集 ×
相続人全員の戸籍収集 ×
収集した戸籍のチェック業務
相続関係説明図の作成 ×
評価証明書の取得 ×
遺産分割協議書の作成 ×
相続登記の申請
登記識別情報・登記簿謄本の取得/引渡し
プランについて 費用を安くおさえたい 安心してすべてまかせたい

 

不動産の個数や相続人の数など、相続する状況に応じて料金は増減します。お見積は無料ですので、お気軽にご相談ください。

お客様のご事情に応じ、柔軟に対応しております。

その他 必要となる実費

① 登録免許税(固定資産評価額×0.4%)
② 郵送代
③ その他(住民票や謄本等の取得代金)

実費は、ご自分で手続きしてもかかる費用となります

相続登記について詳しくはこちらへ

遺産承継(預貯金、株式の名義変更など)

遺産承継とは、不動産の登記だけでなく、それ以外の相続手続きをまとめて当事務所で受任し、相続人へ承継させる手続きとなります。

遺産承継相続登記の違い

遺産承継は、お客様がご要望する手続きをすべてお引き受けします。

相続登記は、不動産登記のみの手続きとなります。

遺産承継と相続登記の違い

このような手続きがあります

  • 不動産の名義変更
  • 預貯金の解約
  • 株式、信託財産の名義変更
  • 生命保険金の請求
  • 公共料金の名義変更
  • 自動車の名義変更 など

 

例えば、「株式の名義変更だけ依頼したい。その他は自分でできそうだ。」などの個別の依頼も可能です。お気軽にお問い合わせ下さい。

遺産承継について詳しくはこちらへ

相続放棄

相続放棄とは、亡くなった方の「プラス」と「マイナス」の財産すべてを放棄することです。故人に多額の借金があるケースや、家業を後継者である子ども1人に承継させるために後継者以外の兄弟が相続を辞退するケースなどに選択される方法です。

相続放棄の期限は、「相続開始を知った日から3ヶ月以内」に家庭裁判所へ申し立てが必要となります。

相続放棄は、相続人それぞれが手続きをしなくてはなりません。

  報酬 実費
相続放棄手続き 33,000〜 数千円 程度
2人目以降 22,000~ 数千円 程度

相続放棄について詳しくはこちらへ

遺言書

遺言はあなたの最後の意思表示です。遺される大切な人が困らないためにも、「手紙を書いておく」気持ちで遺言書を残しておくことは、とても意味のあることです。

  報酬
公正証書遺言作成サポート 66,000〜

遺言書について詳しくはこちらへ

まとめ

相続のご相談は、お客様ひとりひとり違います。税金が絡む方、相続する不動産が未登記の方など、色々な専門家が必要になってくることも多いものです。

当事務所では、なるべく窓口ひとつで解決できるよう相続を得意とする司法書士・税理士・土地家屋調査士等の士業専門家のネットワークでご対応しております。

実際に、「税金のことは税理士へ」と言われてしまうと、探すのも大変です。相続税申告が必要になるお客様へは、税理士へお繋ぎします。その際の各士業への報酬は上記料金には含まれておりませんが、事前に料金の目安をご説明いたします。

小さなことでも、お気軽にご相談ください。
誠心誠意、ご対応させていただきます。

藤本清美

関連動画▼

お気軽にお問い合わせください。042-850-8020平日9:00-19:00 土日祝 10:00-18:00

メールはこちら